見どころ満載!
東京の個性派お見合いパーティー完全ガイド

第二弾、ねこんかつを体験してみた

ネコ好きアラサー女子「トモちん」

こんにちは、トモちんです。31歳になり、少しずつ「結婚したい」と思い始めた今日この頃。今回は、数ある個性派お見合いパーティーの中から、猫好きなわたしにぴったりな「ねこんかつ」に行ってきました。可愛い猫に癒されるだけではなく、出会いのチャンスもあり!?猫好きの方、必見の婚活体験レポートです。

申し込み前

彼氏いない歴5年のわたしは、気づいたら30代に突入。結婚したいという思いはあるけれど、婚活サイトに登録して、会うまでやり取りを続けるのは面倒だし、自分より年齢の低い子がキャッキャしている合コンに行くのも、気が引けます。

結局、年齢を限定した婚活パーティーに行くしかないのか~と思いつつ、とりあえず検索してみると「ねこんかつ」なるものを発見。もしや猫と触れ合いながら婚活できる!?とワクワクしました。わたしが求めているものと、好きなものが一緒になっているとなれば、参加しない手はありません。

早速申し込みをしようとしたら、既に満員!?どうやらねこんかつは猫好きから注目を集める人気度が高い婚活イベントのようです。しかし、どうしても参加したい一心で、次の募集はいつかと、毎日ホームページをチェックしていました。すると数週間後に、新たな開催のお知らせが。もちろん即座に申し込み、今度は無事に参加できることになりました!

そして、ねこんかつ当日

ねこんかつは、その名の通り「猫」と「婚活」がコラボしたイベント。今回は猫の写真が撮れる撮影会を兼ねたものでした。プロのカメラマンが講師になり、猫の撮り方を伝授してくれるそう。わたしは毎日一枚、必ず近所の野良猫を撮影しているのですが、じっとしてくれずに動き回るので、どの写真もぶれぶれになってしまいます。今回のイベントでは、そんな猫の撮影のコツまで教えてくれるので、わたしの期待感いっぱいで会場に向かいました。

開催場所は、恵比寿にある猫カフェ。実は以前にも行ったことがあるところです。光がよく入る明るい店内は、動物特有のにおいはなく、開放感があり猫たちがのびのびとくつろいでいます。

気合いが入っていたわたしは、予定の時間よりも20分も早く到着しました。受付を済ませ、一足先に猫と遊ぼうと意気込んでいると、婚活スタート前にとある男性から話しかけられました。どうやら、ここの猫カフェの常連さんだそう。わたしと同じく、猫に早く会いたく、早めに着いてしまったとのこと。始まる前から、芽生えそうな出会いにますます期待感が高まります。

いよいよ猫の撮影会スタート!

ねこんかつがスタートすると、まずはプロカメラマンの講師から猫をかわいく撮るコツを講義してもらいました。先生がお手本として、おもちゃを使い、猫の気を引きながら撮影しようとします。しかし、被写体となっている猫だけではなく、あちこちから猫が先生にじゃれつきます。そんな様子を見て、思わず笑いがこぼれてしまいました。

雰囲気が和んだところで、いよいよ実践編です。男女でグループを作り、ひとりはおもちゃを使って猫を誘導し、ひとりは撮影係を行います。この撮影会は、たった10分しかないので、こだわりのある写真を撮ろうと意気込んでいると、すぐに終わってしまいました。やはり、猫は思うようなポーズを取ってくれず、シャッターを切る瞬間に動いてしまったり、他の猫のところへ行ってしまったりと、ピンボケの写真がほとんどでした。

しかし、そんな猫の姿もやはり可愛く、始終癒されながらの撮影会。また、ふたりで協力して行わなければ、上手な写真は撮れないので、自然と会話も生まれます。「かわいいですね~」「この写真、うまく撮れていますね」というやり取りを行ったことで、一気に距離感が縮まったように感じました。

自己紹介タイムでも、目線は猫

写真撮影会のあとは、婚活らしく自己紹介タイム。男女各ふたりずつのグループを作って、10分程度挨拶をします。名前や趣味など、5つの内容を話していくのですが、さすが猫カフェ。お構いなしに猫が、ぴょんぴょんと割り込んできます。テーブルの上の飲み物を手を出そうとしているので、慌てて避難させたり、足元でじゃれてくる猫をなだめたり……。おかげで、自己紹介が何度も中断になりました。しかし、そこは猫好きの集まり。

猫に「コラッ!」と言いつつも、顔はみんな緩みっぱなしです。わたしも、近くで寝ている猫に気を取られて、自己紹介が頭に入ってきませんでした。最初は、10分の自己紹介を長いと思っていましたが、猫たちのおかげ?であっという間に終了。他のグループの中には、名前ぐらいしか伝えていないのに会話が盛り上がっていた人もいるようです。余談がなくても和やかな雰囲気を作り出してしまう猫パワーに、かなうものはありません。

フリータイムで写真をプリントアウト!

次は、フリータイム。しかし、ただお話をするのではありません。初めの撮影会で撮った写真の中から、一番のお気に入り写真を選びプリントする時間も含まれています。

印刷するために、2台あるプリンターを列になって並ぶ様子にはちょっと笑ってしまいました。他の婚活パーティーでは、人気のある異性のところに集中しますが、ねこんかつではプリンターが人気なのです。う~ん、これでは婚活イベントっぽさが全くありません。周りを見渡してみても、婚活独特の「誰を狙おう」「あの人にアプローチしよう」というハンターのような人は一切見受けられませんでした。

全員のプリントが終わった時点で、改めて全員の前で自己紹介+写真発表を行います。写真発表の際には、カメラマンの講師が写真について、あれこれアドバイスをしてくれました。

自分の発表が終われば安心、というわけではありません。他の人の自己紹介を見ながら、フリータイム前に配られた紙に気になった人の名前をメモしていきます。しかしわたしは「いいな」と思える人がいなかったため、近くの猫と戯れながら自己紹介を聞いていました。全員の紹介が終わると、アプローチカードやアンケートを書いて終了です。アプローチカードとは、気になる男性に「名前・連絡先・メールアドレス・コメント」を書いて渡せるもの。

アプローチカードは、チラシが入った封筒と共に渡されました。この時点では、アプローチカードが入っているかは、わかりません。参加者が誰に投票して、誰がモテているのかわからないような配慮がされているように感じました。

わたしの結果は……なんとアプローチカードが入っていました!しかし、記載されてあるお名前を見ても、誰だか全くわかりません。自己紹介のときにメモを取っておけばよかった~とものすごく後悔。結局、お顔が浮かばす、わたしの気になる人もいなかったことから連絡を取ることはありませんでした。

ねこんかつに参加してみて…

ねこんかつでは、猫の可愛さにやられ、男性の顔をはっきり見なかったのが反省点でうす。限られた時間の中で、猫よりも男性に興味を抱くのは至難の業かもしれませんね(笑)どうしても可愛らしい猫たちに、目が行ってしまいます。猫の気を引こうと、エサをあげたり、なでなでしたり、抱っこしてみたりと必死でした。それを、猫ではなく男性にアピールすれば、うまくいっていたのかもしれないな~と思いました。ねこんかつは、人見知りする人や、婚活をスタートさせる人にとって、自然体で参加できるおすすめの婚活です。ほかのおしゃれなレストランで行われる婚活パーティーよりも、気負わず参加できますよ。

【ねこんかつ】ざっくりまとめ

感想
・男性よりも猫が気になっちゃう!
・今回は気になる人と出会えなかった。
・とにかく猫たちがかわいすぎる!
参加人数
約20名
参加者の特徴
男性27~45歳、女性25~42歳。
猫カフェの常連さんや、猫好きな方が多い。
お店の名前
ニャフェ・メランジェ
お店の雰囲気
キレイで動物っぽいニオイもしませんでした。店内は、猫たちがのびのび遊べるような開放的なスペースが広がっています。
ねこんかつの
流れ
写真講座→撮影会→自己紹介→フリータイム→写真発表会
参加費
男性5,500円、女性4,800円

他の参加者の声

ねこんかつ終了後に周りにいた参加者の方から、ちょこっと本音をうかがうことができました。

  • 自己紹介が終わると、早速ねこと触れ合いタイムに突入!しかし、猫と仲良くなるにはエサが必須です。エサは男性側が持っているので、分けてもらうために、自然と声をかけることができました。猫と触れたい!なついてもらいたい!という心理をうまく利用したコミュニケーション方法です。そのおかげで、エサを分けてもらった人と今度デートすることに!(20代の女性)

⇒最初の一声って、すごく緊張しますよね。けれども、これなら気負わずにコミュニケーションが取れそう。通常の婚活では、男性からアプローチすることが多いですが、猫の前ではそんなセオリーは関係ないみたいですね。

  • 猫ちゃんパワーに、助けてもらいました。わたしは人見知りで、自分から積極的にコミュニケーションを取りにいくタイプではないんですが、猫ちゃんがいてくれたおかげで、男性と気軽に話すことができました。「猫好きですか?」から始まった会話は、終わりになる頃には、猫に関係のない話まで。初心者でもおすすめの婚活ですよ。(30代の女性)

⇒会話のきっかけが掴みやすいのがねこんかつの特徴です。また、猫好きな人が集まっているので、自分の飼い猫の写真を見せたり、家の猫に会いに行くことをきっかけに次の約束も取りやすいという声も。

  • 会場には、婚活独特の張りつめた空気がなく、可愛い猫たちのおかげで和やかなムード。参加していた男女は30人くらいで、みんなが猫好きだと思うと、それだけで悪い人はいないような気がします。自然と猫の写真を見せ合ううちに、話が弾み連絡先の交換をしたり、食事へ誘ったりする人もいました。猫効果?かガツガツした雰囲気がないので、女性も警戒心なく快く応じてくれますよ。(30代の男性)

⇒婚活特有の見定める感がなく、ナチュラルにアプローチすることができるのがいいですね。「猫好き」というフィルターが、異性に対するハードルを下げてくれるのかもしれません。